入門コース
STEP1 表現の入口に立つ

 一眼レフカメラを初めて手にする人のためのコース。カメラの扱い、操作、ピントの合わせ方、フレーミング、露出の決め方など初歩から学びます。その上で一人ひとりの見ている世界をどう作品作りに結びつけていくか、ものの見方、人物の観察の方法を知り、批評の授業で作品をどう鑑賞するのかを学びます。

 

 フィルムとデジタルのどちらかを選択し、フィルムクラスではフィルム現像からプリントまでの暗室作業を、デジタルクラスではLightroomを使用したデジタルプリントの作り方を学びます。

 

 

コースとカリキュラムの詳細

3ヶ月 / 週1回 / 全13回
受講料 60,000円
4月・7月・10月・1月 開講

 

A-1(日) 10:00~12:30 フィルム/デジタル

A-2(木) 18:30~21:00 デジタル

A-3(土) 13:30~16:00 フィルム/デジタル

 

講義日程

▶︎10月生 日程表( PDFファイルを開く

▶︎1月生 日程表( PDFファイルを開く

1.講義

一眼レフカメラの構造と扱い方

カメラの点検・カメラの構え方とファインダーの覗き方・ピント合わせとフレーミング・絞りとシャッター速度・ISO感度・内蔵露出計の使い方と正しい測定方法など。

2.撮影実習

人物撮影

被写体との距離・絞りの違い・シャッター速度の違い、露出の過不足など18項目のテーマを撮影します。

3.講義

撮影結果の確認

撮影に必要な基礎となる技術を認識します。被写界深度とレンズの焦点距離など。

4.撮影実習

「街」

街を歩いて質感と形態について観察します。写真表現に必要である写真的な観察眼を身につける第一歩となります。

5.実習

デジタルプリント①またはフィルム現像①

<デジタル>デジタルプリントの基本・Lrの使い方

<フィルム>タンク現像、フィルムの巻き込み、薬品の管理・手順について。

6.実習

デジタルプリント②または引き伸ばしプリント①

<デジタル>露光量とプリント濃度・プリンターの使い方と設定

<フィルム>引伸機の操作・印画紙用薬品の管理・手順ついて

7.作品批評

「街」の作品

形態や質感についての興味・再現が適切であるか。写真の特性について知識を得ます。

8.9.撮影実習

「海へ」

自然界が作り出す形態や質感にはどのようなものがあるか。一人ひとりの観察眼に個性的な発見があるか。2回目の写真表現への取り組みです。

10.実習

デジタルプリント③またはフィルム現像②

<デジタル>部分的な調整(段階フィルター・円形フィルター・補正ブラシ)

<フィルム>フィルム現像をより確実なものにする

11.実習

デジタルプリント④または引き伸ばしプリント②

<デジタル>シャープ・粒子・明瞭度、プリセットの方法

<フィルム>部分的な調整(焼き込み・覆い焼き)

12.作品批評

「海へ」の作品

自然界から何を発見できたか。プリントの再現が表現に生かされているか。個性的とは何か。作品を鑑賞するための知識もあわせて知ります。

13.合同批評会

家族恋人など身近な人物

^
MENU
HOME

〒113-0034  東京都文京区湯島1-12-5

電話 : 03-5812-7645 / FAX : 03-5812-7646

お問い合わせ : info@anthony.jp

受付時間 11:00~19:00

(月・火・祝日 休校)

 

個人情報保護   |   PC版へ移動

資料請求 説明会

Copyright © NAKAMURA PHOTOGRAPHIC ACADEMY