1月生 募集中

初心者でも楽しく本格的に

カメラ・写真の技術が学べる

東京の写真教室

写真表現中村教室は1997年、御茶ノ水に創設しました。初心者の方や忙しい社会人の方でも無理のないペースで写真表現について学べる学校です。

カメラの扱い方や写真の知識をはじめ、フィルム現像・プリントなどの暗室実習からLightroomを使用したデジタルプリント、撮影実習から写真史など本格的に幅広く写真について学ぶことができるカリキュラムです。

 

INFORMATION

どううまく写すかより

何を発見できたかを目指しましょう

私たちが日常生活で目にする写真は、新聞・雑誌・カタログやポスターなど分かりやすく、多くの場合一定の調和のとれた心地よく、誰も素直に受け入れているものです(事件・事故・災害による写真は別にして)。

一方、写真美術館や写真集として発表される作品と較べると、随分違ったものに出会います。それは何が違うのでしょうか。

写真が発明されて180年になろうとしています。

そして発明から約100年間は絵画の模倣をしていて、写真表現史では空白の100年と言われています。

目の前の光景がそのまま写し撮れるのが写真であると、当時の人々がいだいた幻想を、いまだにそのようなとらえ方から抜けきらない部分もあるようにも思われます。

写真で何ができるのか、どううまく美しい写真を写すのかとは違う、一人ひとりの自分の目が、何を発見できたかを共に考えていきたいと思います。

COURSE GUIDE

カリキュラムの目指すもの

当校のカリキュラムは、写真の表現性に主眼を置き構成されています。

表現としての写真と、それ以外の広告・新聞・雑誌などのそれとは明らかな分野の違いがあり、その差異を詳細に分析展開していきます。

STEP.1 表現の入り口に立つ |入門コース STEP.2 撮影のフットワークを広げる |基礎コース STEP.3 自分だけの視覚世界をさがして |ゼミナール初級コース STEP.4 発表を目指して |ゼミナールコース STEP.☆ プリントの可能性を追求する |デジタルプリントコース

*カリキュラムは段階的にやさしく写真の核心に導かれるように組まれており、

全コースを受講すると写真の専修専門学校や大学の写真学科における「写真表現」科目のおおよそ1年分に相当する時間数です。

また社会人や学生、主婦の方でも学びやすいペースで本格的に写真表現について学ぶことができる授業内容となっています。

VOICE
MENU
HOME

〒113-0034  東京都文京区湯島1-12-5

電話 : 03-5812-7645 / FAX : 03-5812-7646

お問い合わせ : info@anthony.jp

受付時間 11:00~19:00

(月・火・祝日 休校)

 

個人情報保護   |   PC版へ移動

資料請求 説明会

Copyright © NAKAMURA PHOTOGRAPHIC ACADEMY