ボイス 受講生の声
VOICE vol.7
小林 篤史 Atsushi Kobayashi 2004年中村教室入学 / ゼミナール初級コース在籍

―――こんにちは。よろしくお願いします。

 

はい。難しいこと聞かれたら・・・と緊張してます。

 

―――いえいえ、ぜんぜん大丈夫ですよ!気楽にお願いしますね。

さっそくですが、何かお花の市場でお仕事してるって聞いたんですが・・・。

 

そうですね。市場でセリをやって、お花屋さんに卸してるんです。

全国の花がたくさん集まるから、楽しいですよ。毎年新種も出るし。

バラなんて毎年、新種が200種類出るんですよ。

 

―――毎年200種類出ちゃったら、バラっていったい何種類あるんでしょう・・・?

 

あ、でもそれが全部商品になるわけじゃないんですよ。

バラだけじゃなくて、見たこともないような花が見れるんで、あきないですね。

 

―――でも、市場だと朝早くって大変じゃないですか?

 

そうですね。夜の9時から、次の日の昼ぐらいまで働いてますね。

大変だけど、その代わり週3回なんですよ。

 

―――あそうか、じゃあ休みに写真が撮れますね。でも昼間は寝ちゃうか・・・。

 

だいたい寝ていますね(笑)休みでもやっぱり昼夜逆転しちゃって。

写真撮っても、朝方とか夕方で・・・。

晴れた日に外歩くと、クラクラしちゃうんですよ。だから昼間出るときは曇りの日を狙って。

だからだんだんと、家の中で撮るようになってきたんですよね。

 

 

―――確かに、その生活だとクラクラしちゃうかも(笑)でもじゃあ家の中でライティングして?

 

いちおう、フラッドランプとか持ってやってたんですけど、明るすぎて。

今はデスクライト。電気スタンドですね。パルックボールとか。

あれって、首が動いて固定できるから、一人でライティングするのにラクなんですよね。

 

―――パルックボールでライティング(笑)、それでずっとお花を撮ってきたんですか?

 

いや、最初はやっぱり外へでて街を撮ったりしてました。

ゼミナール初級で「植物」ってテーマがでたんです。

それで花を撮ってみようかなぁと思って。

そうしたら、思いのほかいい写真が撮れたので、これだ~!ってそれから撮ってます。

 

それと自分に「縁」のあるものを撮るのがいいんだって、その時に気がついたんです。

自分の生活の周辺のモノや人。

ぜんぜん知らない街を撮るより、自分の住んでいる街。

モノで言ったらやっぱり仕事に関係ある花だったんですね。

 

―――そうかもしれませんね。写真歴は長いんですか?

 

ぜんぜん。

中村教室に入学したのも思い付きです。

それまで写真に全く興味なかったし、フィルムの入れ方も分からなかったんです。

でもあるとき突然「あ、写真!」って思いついちゃって。

普段そんなふうに思いつくことないから、この思いつきは大事にしなきゃって、それからカメラを買って

説明会に 行くまでに1週間でした。

 

―――早い・・・。ホントに突然だったんですね。でも、もうすぐ1年半。続く理由は何ですか?

 

ん~やっぱり、写真がおもしろいってことですよね。

みんなみたいに「発表する!」とかいう目標もなくて・・・。

ただ、「1回撮った写真からは逃げられない」と思うんですよ。

同じような状況で、同じような被写体を撮るとき、やっぱりその前の撮影の経験、つまり感じたこととか・・・

そういうことに影響されたりする。

それが「逃げられない」ってことで。

おもしろいなぁとおもうところなんですよね。

 

―――う~ん。深いなぁ・・・。でも確かにそうですよね。

他におもしろい!ってことありますか?友達とか。

 

中村教室でできた友達はホント、楽しいです。

この歳で新しい友達ができると思わなかった。今は在校してない友達とも飲みに行ったりしますよ。

職業とか環境とかみんなバラバラなのに、「写真」ひとつで仲良くなれる。

そしてバラバラだからこそ、楽しいし、すごく刺激があります。

先生とかも交えて・・・なんかアットホームですよね。

いい学校に来れて良かったです。

 

―――・・・ありがとうございます(ホントにうれしい)。

ちょっと写真とは関係ないですが・・・私もお花屋さんになりたいなぁと思った時期があって。

 

あ、僕もなんですよ。

だから大学も農業系の大学へ行って 。まぁ花屋さんというよりは生産者の方になりたかったんです。

今はその中間。

いいような悪いようなだけど、農家の方の話もお店の人の話も聞けるからいいのかな?

 

―――ちなみに好きなお花は?

 

ひまわり・・・かな。家でも育ててます。水あげるだけで大きくなるし。

 

―――かわいいですよね。ひまわり。私はトルコキキョウが好きで・・・・。

・・・と、話それすぎました。これからもいいお花の写真を撮ってくださいね。楽しみにしてます。

ありがとうございました!

 

はい。ありがとうございました!

 

 

聞き手:木下マリ子

 

Copyright © NAKAMURA PHOTOGRAPHIC ACADEMY