ボイス 受講生の声
VOICE vol.63
田巻 沙絵子 Saeko Tamaki 2009年中村教室入学 / ゼミナール初級コース在籍

---田巻さんとちゃんとお話しするのって、初めてかも・・・。

 

そうですか?よく昼間に暗室来てるのにな・・・。

 

---ん~田巻さん、おとなしいからかな。あんまりおしゃべりするイメージがないというか。

 

あ~そうですね。おとなしいって昔からよく言われるし、しゃべるのは苦手で。伝えたいことが10あっても、1しか伝えられない感じなんです。

 

---ひ~ごめんなさい!インタビュー・・・苦手なのに。

 

でもけっこう出たがりなんで(笑)。ちょっと楽しみにしてました。

 

---よかった(笑)。写真を見せてもらうのも初めてですよね。旅が好きなのかな?って感じたんですが・・・。

 

旅というか・・・「遠足」が好きなんです。

 

---え、えんそく?つまり日帰りの小旅行的な?

 

そう、ですね。休みが土日とか連休がないから日帰りしかできないんです。この前は千葉の小湊鉄道に乗ってきましたよ。ローカル線とかカワイイ電車が好きなんですよ。

 

---カワイイ電車?

 

ん~と、都心の電車はどんどん新しいものになっていて味気ないっていうか。素材もアルミでちょっと冷たい感じがするし・・・。昔の電車とかローカル線はそれと比べてどっしりがっしりしてるけど、寂れた感じとかカラーとか、暖かい感じがするんですよね。そういうところがカワイイというか、好きなんです。まぁおおざっぱに言ってしまえば田舎が好きってことなんですけど(笑)。とにかくのんびりしたり、ボーっとするのが好きで・・・。

 

---確かに都心を走ってる電車はただの乗り物って感じだけど、田舎を走る電車はまた違う印象を受けますよね。でも意外にアウトドアなんですね。それがちょっと驚き!

 

アウトドアなんですよ(笑)。高校も山登る部活に入ってたし。

 

---え?ワンダーフォーゲル部?

 

そうそう、ワンゲル。年に7回登山するんですよ。今も登山は好きですね。最近は山ガールとか流行で、登山用のかわいい服とかも出てきたし・・・。

 

---山ガールかぁ・・・。なんで山登りが好きなんですか?

 

え?何でって・・・。何ででしょうね?

 

---いやいや(笑)。山に登らないわたしとしてはやっぱり理由があるのかなって。

 

あぁそうですよね(笑)。うーんと・・・高いところが好きだからかな?現実逃避?・・・疲れるんですよ、山登り。早く頂上に着けって思うし・・・でもその後の達成感とか眺めとかがやっぱりいい。だからしんどさもひっくるめて楽しんでる・・・のかな。

 

---やっぱり自然の中が好きってことなのかな。山に登ってるときも写真は撮るんですよね?

 

撮らないですね。

 

---え?!

 

登る手前の山里とかは楽しくて撮りますけど。

 

---山登る人って、山で写真撮る人多いのに・・・。

 

そうなんですか?山ではコンパクトデジカメで記念写真程度ですよ。山に入ったら山優先というか。

 

---なるほどなぁ~。そもそも、なんでワンゲル部に?

 

本当は卓球部に入ろうと思ったんです。さあ卓球部に入部届けを出しに行こうって途中で、ワンゲル部が焼きそばを焼いてたんですよ。それでおなかが減ってたのでついそっちの方へ(笑)。話を聞いたらおもしろそうだから、そのまま入部しちゃった。

 

---焼きそばにやられたと(笑)。

 

そうなんです(笑)。でもワンゲルの先輩が一眼レフを持っていて、それを見てかっこいいなぁと思って写真始めたんですよ。

 

---そうだったんですね。

 

とりあえずはコンパクトカメラを買って、それで山に行く時撮ってたんです。その後はトイカメラを使ったりしてました。写真って楽しいなぁなんて言ってたら、友達が使ってないからって一眼レフをくれて。それを持ってどこかへ行った時には撮ってました。

 

---じゃあ写真歴は長いんですね。

 

う~ん・・・だけど、ホント楽しんで撮ってただけなので。

 

---それなのにちゃんと勉強しようと思ったのはどうして?

 

20歳ぐらいの時に付き合っていた人がいつもオリンパスペンを持っていて、どこか行くたびに一緒に撮ってたんです。だけど私の写真を見せると「お前のはヘタだ」って言われて悔しくて。じゃあ新しいカメラ買ってちゃんと撮ってやる!って。・・・カメラ買う前に別れちゃったんですけどね(笑)。

 

---そっかぁ(笑)。

 

それからは仕事して、疲れて、休みの日にひとりで写真撮って・・・っておもしろくなかったんです。だから漠然と「何か習い事しようかな」と思っていて・・・もっと仕事以外の時間を楽しみたくて。どうせなら好きなことがいいなと思ったら、やっぱり写真かなと。そんな軽い気持ちで入学したんだけど、違和感はなかったですね。授業で「絵はがき的な写真はダメ」って言われるじゃないですか。もともとそういう写真は撮るんじゃなくて「見ればいい」って思ってたから。

 

---毎日仕事して帰って、疲れて眠って、また仕事へ行く。何やってんだろうなぁって思う時ってありますよね。

 

そうなんですよ。何かリフレッシュできないと。だから私は休みの日に家でゴロゴロしてるとかないんです。日常の延長になっちゃうから。

 

---でもさすがに雨降ってたり、仲間がいないと山へ行ったりはしないでしょ?

 

行っちゃいます(笑)。嵐以外なら「今日行く予定だったしな~。次いつ行けるか分からないしな~」って思うとうずうずして、出かけちゃう。ひとりでも。この前は寄居に登りに行きましたよ。でもひとりだとちょっと怖いですね。パシっと音がすると、熊?!とか思ってビクビクしちゃった(笑)。

 

---ひとりは危ないよ!熊も怖いけど人間も怖いから、これからは一人では行かないでください・・・心配です・・・。

 

そうですよね(笑)。そうします。

 

---それにしてもアクティブですね。うらやましいくらい。同じインドア派かと思ってたのに(笑)。

 

けっこう思い立ったらすぐ行動、なんですよ。おとなしい、おとなしいって言われると「中身はそうじゃないのにな~」とか思います。教室に入ったのもインターネットで検索して一番上に中村教室が出てきたから。で、見てみたら説明会が近くにあるしで、とんとんと。入学する1ヶ月前にはデジタル一眼レフもかっこいいじゃんとか思って買っちゃってたり、使わないのに・・・。暗室に来るのも「おでかけ」したいから。家でじっとしていたくないんです。デジタルにしちゃったら家でプリントすることになる。それがイヤで。教室に来る時間を作るのは大変だけど、それでもおでかけしてリフレッシュしたいんです。

 

---そういう理由かぁ!ずっと暗室に通ってるのは。田巻さんの話を聞いてると「おでかけ」が基本軸にありますね。それに伴って写真があるような気が。写真自体は楽しいですか?

 

撮ってるときはおもしろいんですけど、最近煮詰まり気味です。何を撮ったらいいんだろうって。遠足に行って気分がいい時はわりとおもしろいのが撮れたりするんだけどなぁ。まぁ悩んでるのも楽しいんですけどね。それにやっているからにはいつかは形にしたいなとも思ってます。個展なのか写真集なのかそれはわからないけど。

 

---やっぱり気分がのってないと撮れないですよ。それにしてもやっぱり雰囲気とは違って、行動的だし頑固?なところもあるんですね(笑)。

 

そうなんですよ(笑)。昔はバンドのボーカルもやってたし。夏になるともう夏休みなんてないのに、なんとなくワクワクしたり。冬はスノーシューができるなとか。

 

---スノーシュー?スノボとかじゃないんだ。

 

ん~スノボもやってたんですけど、なんとなくあの雰囲気に抵抗があるというか。私はもっと、なんというか地味なのが好きなんですよね。大人数でわいわいやるのが苦手だし。静かに自然を楽しむ方が好きですね。「この花いいですね」とか(笑)。ちょっとおじさんっぽいですけど(笑)。

 

---(笑)。それはわかる!わたしも大人数は苦手です。飲みも多くて5人だなぁ。おしゃれなお店より立ち飲みみたいな(笑)

 

私も!「うめぇ!」って言いたい(笑)。

 

---そこは一緒ですね。オヤジ系?(笑)。

 

そう!オヤジ系です(笑)。

 

聞き手:木下マリ子

Copyright © NAKAMURA PHOTOGRAPHIC ACADEMY