ボイス 受講生の声
VOICE vol.59
松本 衣通子 Itsuko Matsumoto 2008年中村教室入学 / ゼミナール初級コース在籍

---まずは・・・ご出産おめでとうございます!今日は赤ちゃんと一緒で大変ですが、よろしくお願いします。

 

ありがとうございます~!よろしくお願いします~。

 

---妊娠、出産と大きく生活も変わったと思いますが、写真生活も変わりました?

 

そうですね~・・・変わりました。生まれる前は自分のおなかが大きくなっていくのがおもしろくて撮っていて・・・それからですね、家の中で撮るようになったのは。それで生まれてからは外に出れないから自然と家の中で。前は外に出て撮影してたんですけどね。

 

---そうですよね~赤ちゃんいたら出れないですよね。今暑いし・・・。初めての出産はどうでしたか?

 

おなかの皮ってこんなに伸びるんだ~って思った(笑)

 

---確かに!あの頃の皮はどこへ・・・(笑)

 

ね~!どこいったんだろう??ひとそれぞれだと思うんですけど、私の場合は生まれてから母性本能が出てきたのかな~って。私の場合、妊娠中はおなかの中に「何かいるな~?早く出てこないかな~?」ぐらいで。かわいい、楽しみっていうよりは「生まれてきたら大変なんだろうな~、今のうちに出来ることをしておかなきゃ!」って焦りが大きくて、旅行したり出歩いてました。幸い出産まで妊娠前と変わらず過ごせたので・・・体力あったからかな。

 

---そうですよね、予定日に授業に出席してましたもんね・・・!あの時はビックリしましたよ(笑)。いちおう病院どこなのか聞いておかなきゃとか言ってね(笑)。

 

そう~みんな心配してくれてたんだけど、私としては全然生まれる気配がなくてなんともなかったんです(笑)。

 

---それ以上にビックリしたのが、春からのコースの申し込みがあった時!「えっ!松本さん来るの??来れるの??」って。出産したばかりで産休育休って言ったらヘンだけど、そんな感じで当然受講するとは思ってなかったので・・・。

 

私もまさか通い続けるとは思ってなかったんですよ~(笑)。妊娠が去年の夏にわかって、その秋からも受講するか悩んでたんです。でも出産したら育児が大変って聞いてたし、そうしたら当然教室に通うなんて無理になるから、ギリギリまで続けようと去年の秋から今年の春まで受講したんです。4月の頭に出産して育児をしてみるとやっぱり大変は大変なんだけど、ずっと子供と二人きりもキツイなと。それでも教室に通えるのか、通っていいのか悩んだんだけど、主人の後押しもあって来ちゃいました(笑)。

 

---ご主人が?!優しい・・・!出産してすぐだから、家にいて欲しいってなりそうなのに。

 

もともと写真を勉強したがっていたのが主人の方なので、理解があるんですよ。

 

---え?そうなんだ!

 

私も主人もデザインの学校に通っていたんですが、そこで写真の授業があったんです。その時の暗室の授業が楽しくて、写真に興味を持つきっかけになったんですが・・・。主人は仕事が忙しくてて写真を勉強する時間がないんですね。それで私に「やるならちゃんと勉強してきなさい」と。それで私は中村教室に通い始めて、はまっちゃって今もずるずると・・・(笑)。

 

---続けちゃってると(笑)。

 

そう(笑)。でも出産しても通ってよかったですよ。やっぱりわが子がかわいくて、バンバン撮っちゃうから写真がすごい量になっちゃうんです(笑)。でも教室の授業がなかったらせっかく撮っても、ハードにデータ溜め込んでプリントもしなかったと思う。それに定期的に外に出ることもできるし・・・、何にもなくて家にいたらだらけちゃうんですよ。でも今は写真もやってるから育児も家事もがんばらなきゃなって思えて、そのバランスがちょうど良いんだと思います。

 

---確かに授業がなかったらプリントしなくなりますよね。例えデジタルでも・・・。

 

うん。なんだかんだ理由をつけてやらなくなってしまう。でもデジタルには感謝!です。

 

---そっか、そっか。デジタルに変えたんですもんね。いつからでしたっけ?

 

去年の秋からです。つわりがひどくて暗室に通えなくなっちゃったんです。それで変えちゃえ~と。デジタルがなかったら続けられなかった。いい時代だなぁ~って(笑)。

 

---育児中もちょっとの合間にできたりするし。

 

そう~ちょこっとやって、続きは次の日ってできるのが今はとっても便利。

 

---ホント、ママにはピッタリだ!・・・あれ、起きちゃった!?

 

あれれ~目が覚めた。授業中ずっと寝てたからかな。(この日は授業後にインタビューをお願いしました。)

 

---授業の時、ホント静かですよね。ぐずったりもしなくて、すごい良い子!

 

外ではうるさいのに、中村先生の声聞くと静かになるんですよ。妊娠中に音楽を聞かせたりすると、生まれてからそれが子守唄になるんだって。私は音楽を聞かせなかったから、先生の声が子守唄になったのかなって(笑)。

 

---それは・・・よかった・・・のでしょうか?(笑)。それにしても・・・と話は戻りますが、デザインの学校に行ってたってことはお仕事はそういう関係のお仕事だったんですか?

 

いや、全然。IT関係でした。大学が家政科で、テキスタイルにはずっと興味があって。それで仕事しながらデザインの学校に通ったんですよ。

 

---でも写真を始めた・・・。

 

仕事でボロボロな時期に愛犬が亡くなって、それが辛くて辛くて、何かしていなきゃ死んじゃうって思って。で自棄になってデザインの学校に入っちゃったんです。そこで愛犬そっくりな夫と写真に出逢った訳なんですけど(笑)。卒業後に仕事を辞めて1年ぐらいバイトとかして、デザインの仕事も考えたんだけど1年学校に通ったぐらいじゃまだまだだし、写真にも興味があるし・・・で勢いで写真をやろうと。

 

---そうだったんですね~・・・。

 

でも写真をやっていて、本当に良かった。子供って日に日に変わるから、写真がすごく楽しめる。子供が生まれて、趣味がこんなに役に立つなんて。

 

---そうですよね、ひたすら撮りまくっちゃいそう!でもカメラ怖くないのかな?

 

最初は嫌がってたんだけど、最近慣れてきたみたい(笑)。

 

---そのうち「これ、スキ」とか「キライ」とか、批評し始めたりして(笑)。

 

そうかも~(笑)。おなかにいる間ずっと授業聞いてたんだもんね~。

 

---英才教育!(笑) 胎教?!(笑) by松本さんのクラスメートさんたち。

 

---そうなったらおもしろいよね~!それにこんな間近に赤ちゃんの成長が見れるなんてないから、楽しい!

 

そっか~。あ、あれ?木下さんの顔見て笑ってる~!

 

---あ、木下と申します。果子ちゃん、どうぞよろしくお願いします。・・・って、わたしよく赤ちゃんに笑われるんですよね。何もしてなくても・・・。

 

え~そうなの?!すごい~何かオーラがあるとか?!

 

---いや、ワンちゃんが遠くから走ってきて飛びついてきたり、野良ネコが背中に乗ったりもするから、匂いじゃないかってウワサが。何かきっと匂ってるんですよ・・・(泣)

 

あ!でも、確かに赤ちゃんって嗅覚が鋭いんだって!

 

---あ、やっぱり・・・(泣)。

 

でもでも、いいことですよ~!

 

---そうですね、果子ちゃんおもしろいですか?それとも匂うのかなぁ?・・・そういえば、名前の由来は?

 

ほとんど響きで決めたんですけど・・・。どうしても「子」がつけたくて。それから考えて、何かを成し遂げて欲しいって意味を込めて「果子」にしました。あと中国語で果子は「くだもの」の意味だそうです。かわいいでしょ?

 

---かこちゃん、うん、いい響き!カワイイ!お母さんが写真ちゃんと勉強してこんなにたくさん撮ってくれてたら、大きくなった時に喜びますよ~絶対!普通では撮らない表情や動きをこんなに撮ってるんだもん。お母さんがどれだけ愛おしく見ていたか、伝わりますよ。

 

そうかな~?20歳になったらアルバム作ってあげるからね~。

 

---ぜひぜひ、そうしてあげてください。感動しますよ。あ、でも自分の分と合わせて2冊作っとかないとね!(笑)

 

あ、そうだ!自分の分もいりますね(笑)。

 

---そうそう!ではでは最後に果子ちゃん、みんなに自己紹介を!

 

「果子です。みんな、よろしくね~!」

 

聞き手:木下マリ子

Copyright © NAKAMURA PHOTOGRAPHIC ACADEMY