ボイス 受講生の声
VOICE vol.41
斎藤 智栄 Tomoe Saito 2006年中村教室入学 / ゼミナール在籍

―――今日はいろいろ聞くこと考えておこう!って思ったのに、結局何も考えてないんです。スミマセン(笑)

 

私も何も考えてないんだけど・・・どうしよう(笑)

 

―――わたしが考えてないのはいつものことなので、大丈夫!でも入学申込書だけは見ておいたんですよ。斎藤さん2006年に入学してるから、今年で3年なんだな~って。

 

あ、そうですね。まる3年?かな。でも真面目にやったのは3年目だけだけど(笑)

 

―――えっ?暗室にしょっちゅう来てるじゃないですか。

 

そうそう、だからそれがここ1年ぐらいのことで・・・。

 

―――ってことは、ゼミナールに入ってから?初級ゼミも3回も受講して、スゴイ真面目でやる気満々な・・・。

 

ううん(笑)もう、なんか、夏は暑いから休みとか、授業あるから撮らなきゃ~とか・・・今まではみんな「ほどほど」で。

 

―――中村教室って夏休みはお盆だけですが・・・。

 

あ、自主的に夏休み。暑くて通えない~。来るだけで汗だくになっちゃうし・・・。でもこの前の夏はちゃんと来ましたよ!

 

―――・・・気持ちはすごく分かります!が・・・イメージと違って、今すごい驚いてます。。。

 

真面目そうに見えた?そうやって書いておいて~。

 

―――もうムリです!不思議な人・・・と(笑)

 

え~不思議じゃない~!真面目なのに・・・ここ1年は・・・。

 

―――何でゼミに入ってから真面目になったんですか?何かきっかけがあったとか?

 

うーん・・・自分でもよくわからないんですよね・・・。なんだろう・・・ゼミに入ってクラスメイトの作品を見て「みんなスゴイ!私まずい!」って焦った・・・かな。現像もちゃんとするようになったし。

 

―――ちょっと待ったーーーー!!!「現像するようになった」とは・・・??

 

言っちゃっていいのかなぁ・・・(笑)インタビューなのに?

 

―――言っちゃってください!!

 

現像やってなかったの。

 

―――へ??ってことは・・・。

 

そう、ラボに出してた(笑)

 

―――わぁぁ!やっちゃってましたね?!フィルム現像大事なのに・・・(泣)

 

やっちゃってた~(笑)面倒くさいんだもん、現像・・・。でも、ラボに出せるぐらいしか撮ってなかったってことですよ。今はちゃんと自分で現像してますよ~!たくさん撮ってるから、ラボに出したらお金かかっちゃって大変だし。それにプリントテクニックの授業受けて、フィルム現像が本当に大事なんだってわかって、今はすごく気を使ってやってます。

 

―――よかったです・・・現像の大切さが解ってもらえて・・・(笑)現像が面倒というのは分かりましたが、プリントはどうです?楽しい?

 

ん~・・・今は楽しいですよ!

 

―――・・・楽しくなるまで続いてよかったです(笑)

 

ね?どうして3年も続いたんだろう??友達がいて楽しかったからかなぁ。だからなんとなくゼミまで・・・。ゼミも最初は受講するつもりはなかったんだけど、友達に「受けないの?」って聞かれたから、じゃあ受けようかなぁ~って。

 

―――写真自体はおもしろくないんですか?

 

おもしろくなってきた、かな。やっと「上手になってる」っていうのが見えてきて、そういうのを実感できるとうれしい。昔の写真見ると「えー」って思う。あの頃はこれが最高だったのになって(笑)あと写真を始めてから変わったことがあって・・・実家によく帰るようになったんですよ。前は本当にお盆とかお正月とかしか帰らなかったんだけど、今は2,3日でも休みがあれば写真撮りに帰るようになって。

 

―――いいことじゃないですか~。

 

前は、こんなこと言ったら悪いんだけど、「何でこんなところに住んでるんだろう」って思ってたんです。まわりに何もないし、つまんないって。でも写真を始めてからは「こんなのもいいな」って思うようになって。

 

―――写真を勉強して、いろいろなものの見方が変わったのかもしれませんね。

 

そうかもしれないなぁ・・・そうかも。でも現像はやっぱり面倒だけど(笑)

 

―――けっこう面倒くさがり屋さんですね(笑)わたしもだけど。家事仕事で何が面倒??

 

・・・食器洗い、次がアイロン、そしてたたむの。あ、これ、ヤバイよね?ダメな子っぽくない?!

 

―――大丈夫、大丈夫!!わたしもアイロン大嫌いだから、しわになる洋服はまず買わない(笑)

 

そうそう!!買わなーい(笑)

 

―――裁縫も苦手だから、ボタンのついてる服もできるだけ着ない。

 

あ、私お裁縫は得意ですよ!家政科だったし。

 

―――アイロン・・・専門分野じゃないですか・・・。

 

まぁまぁ~そうだけど(笑)でもヤダ。

 

―――(笑)そんな面倒な家事仕事や現像、お仕事もどんな感じでこなしてる?

 

ん~土曜は暗室に来てプリントして、日曜は家事仕事と撮影、仕事は4つぐらいネコかぶってやって、平日の夜は現像。私ダークバック持ってないから、現像が夜しかできないんですよ。

 

―――ネコかぶり大事です(笑)ところで、ダークバック持ってないんですか?!どこでフィルムの巻き取りやってるの??

 

押入れの中・・・。入って、目をきゅっとつぶってやるの。

 

―――ドラえもんスタイルですね(笑)しかも目つぶるの関係ないですよね(笑)真っ暗だし・・・。

 

そうそう、意味ないないんだけど何かつぶっちゃう(笑)押入れの中・・・いやクローゼット!ね、の中だと落ち着くんですよ。だからイスを持ち込んで、ゆっくり巻取りするんです。でもフィルム巻き取るのが苦手で、この前も失敗しちゃった・・・。だから最初に一度練習してから、巻き取ってるの。

 

―――慣れない?でもけっこう本数やってますよね。作品の量からして・・・・ってどのくらいのペースで撮ってるんですか?

 

ん~月に2,3本・・・?ぐらいかなぁ。

 

―――え?ウソですよね?

 

え、ホント。

 

―――超スローペースですね・・・でもその本数で、これだけ作品があるってすごいなぁ。

 

あれ?少ない?

 

うん、少ない・・・でもすごい確率だよね。それと東京撮ってるのより、旅の写真のがいいね。(by小宮山先生)

 

―――東京を出ると、はじけるのかも。

 

確かに東京は「ムリヤリ」撮ってる感じがしてるなぁ。

 

―――旅に出たらかぶったネコを脱ぎ捨てて、不思議さが爆発する、と(笑)

 

不思議じゃないってば~(笑)

 

聞き手:木下マリ子

Copyright © NAKAMURA PHOTOGRAPHIC ACADEMY