ボイス 受講生の声
VOICE vol.36
森屋 亜紀子 Akiko Moriya 2006年中村教室入学 / ゼミナール在籍

―――こんにちは~。よろしくお願いします。

 

・・・・・・・・。

 

―――・・・どうしました?

 

緊張しちゃって・・・。何聞かれるのかなって・・・。

 

―――(笑)みんな緊張するみたいですよね。でも大丈夫ですよ~。私も最初の頃は「あれ聞いて、これ聞いて」って細かく決めてましたけど、今は話の流れで行き当たりばったり(笑)その方がおもしろいし。

 

そうなんですか~。

 

―――そうそう、だから大丈夫です!でも、この人にはこれを聞きたいっていうのは、毎回ありますけど。森屋さんの場合はお仕事のことですね~。よく暗室に来ているから、わりと定時にあがれるのかなって。

 

あがれるというより、あがっちゃう。仕事はやりだしたらきりがないんですよ。だから暗室に行くって決めたら、「今日は暗室に行くから」って宣言して、定時にあがって、ダッシュで暗室へ(笑)

 

―――そういうことか~(笑)でも頑張りますね!週3回ぐらいは暗室に来てませんか?

 

それぐらいかも・・・暗室が好きなんです。自分で撮ったものが、プリントすることで「作品」になる。それと、暗室に入るとプリントに集中するから、仕事のこととか、余計なこと考えなくて済んで、気分転換になるんです。

 

―――でも仕事もそうやって帰ってこなきゃならないし、自宅暗室作るとかどうですか?

 

面倒くさいから、それはイヤなんです・・・。

 

―――作るのが?

 

それよりも、準備と後片付け。臭いも気になるし、教室の暗室みたいに設備が整うわけじゃないから、温度管理だって大変。それに一人だから準備するのが、面倒じゃないですか。イヤー!

 

―――確かに面倒だし、私の場合はバットに薬品出しっぱなしだったから、玄関のドア開けると「ぷーん」って臭いが・・・(笑)

 

それ!耐えられない(笑)

 

―――でも意外だなぁ。森屋さんマメそうなのに。

 

え、ぜんぜん(笑)ほら暗室に来ると、ごはん食べないじゃないですか。

 

―――・・・いや、食べましょうよ・・・。倒れますよ?

 

でも、暗室終わって帰ると、もう遅い時間で、わざわざ作って食べるの面倒だし。体に悪そうかなぁって。あ、でもお菓子は食べますけど(笑)

 

―――・・・お米を食べましょうよ(笑)まぁ確かに自分のために作るぐらいなら、食べない!ぐらいでしたね、私も・・・とにかく、疲れてるし面倒で。

 

やっぱ、そうでしょ?もう駅前のイトーヨーカドーが冷蔵庫、みたいな(笑)

 

―――(笑)!

 

最近はお風呂も入れないんです。

 

―――疲れすぎて?

 

そうじゃなくて、私お風呂に入ると必ず寝ちゃうんです。それでこの前思ったんです、「お風呂で寝込んで死んじゃったら、そのまま誰にも発見してもらえないんじゃ・・・」って。それはイヤだなって思って、シャワーにしてるんです。

 

―――・・・ぜひ、シャワーでお願いします!危ないですよ・・・!!ホントに。

 

ね!

 

―――なんだか、森屋さんのイメージ変わってきました・・・・(笑)

 

そうかな~?

 

―――う~ん、そうですよ(笑)写真の話に戻るんですが、写真見せてもらって、いろんなところに行ってるんだな~って思ったんですが・・・・。

 

今月は「区内撮影月間」なんです。

 

―――「区内撮影月間」?

 

私の住んでる区内を、バスや電車を乗り継いで行くんです。結構広い区なので、まだまだ行けてないところがたくさんありますよ。夏は暑いから、外出るの嫌いなのに・・・毎週日曜日出かけてたんですよ。でも帰ってくると、気持ち悪いし、頭痛いし・・・。

 

―――それ、熱中症では・・・?

 

うん、そうだったかも・・・。でも「撮りたい」って思ったときじゃないと、撮れないって思って、頑張りました。

 

―――えらい~!!!!

 

でも「区内撮影月間」って決めちゃったし。

 

―――そういう感じで、毎月「今月はここ!」って決めてるんですか?

 

決めてないですよ。いつも思いつき。ガイドブックとか地図とか見て、ここ行こうかな~って決めたりします。あとは旅行が好きなので、旅行先とか。

 

―――最近はどこへ行きました?

 

山形の三瀬ってところ。ここにお気に入りの宿があって、毎年必ず行くんです。

 

―――いいなぁ~なんて宿?

 

ゴニョゴニョ。

 

―――ふんふん、良さそう!ネットで見てみます!でも旅行って写真をやらない人たちと行くと、撮影しづらくないですか?

 

あ、それは大丈夫なんです。毎回行くメンバー決まってるから、もうよく解ってるみたいで。「あぁ、またやってるよ」ぐらいに思ってるみたい。最近は撮るものの傾向を掴んできてるみたいで、「ほら、あそこにいいのがあるよ」とか、言ってくれたり。でも「まだまだ、わかってないな!」とか思ったりするんですけど(笑)でもみんながお風呂入ってる間に「じゃあ撮ってくるよ~」って出かけたりできるので、撮影しづらいとか全然ないんですよ。

 

―――それなら、楽しいし、気楽でいいですね。

 

そうなんですよ。おじさんばっかりなんですけどね。

 

―――えっ?森屋さん以外は男の人ばっかりなの?

 

うん。4、5人のグループなんですけどね。秋には毎年タイに行くんですよ。

 

―――毎年タイもすごいけど、メンバーもすごいなぁ。じゃあ旅行の記念写真はみなさんが撮ってくれるの?

 

そうそう。撮ったのもらってるだけ。私はデジカメ持ってないし。記念写真は撮らないし。でも、元々は旅行で撮った写真がイマイチで、勉強したら上手くなるかなぁと思って教室に来たんです。説明会も出ないで申し込んじゃったから、最初に先生の話を聞いて「え?何?」って思ったんですよ(笑)

 

―――学校間違えちゃった!みたいな・・・(笑)

 

(笑)。でもしばらく続けてみようって。

 

―――それでもう2年が過ぎた。

 

そう。でもまだまだ。もっとちゃんと撮れるようになりたいし、プリントも上手くなりたい。「できないから」でやめるのがイヤ。中途半端がイヤなんです。それってすごくくやしい。

 

―――やっぱり、私が思ってたイメージと違うなぁ。

 

おとなしそうに見える?

 

―――うん。

 

すごく負けず嫌いで、気が強いって友達には言われてるんですよ(笑)

 

―――あ~見えなかったなぁ。ほわわん、とおとなしそうなイメージで(笑)じゃあ「発表してやる!」とかは?

 

それは思ってないんですよね。

 

―――じゃあ、目標は??

 

とりあえず、中村先生に「おっ!」って言われるような、作品をつくりたい!!

 

―――その「おっ!」も、結構大変ですけど、頑張ってくださいね!

 

ですね~・・・。でも写真が本当に好きだし、頑張ります!

 

聞き手:木下マリ子

Copyright © NAKAMURA PHOTOGRAPHIC ACADEMY