ボイス 受講生の声
VOICE vol.3
石黒 恵子 Keiko Ishiguro 2002年中村教室入学

―――こんにちは。お仕事帰りですか?

 

はい、そうなんです。 職場が近いんですよ、教室に。歩いてこれるんです。

 

―――そういえば、お昼もカメラ診断に来てましたね、制服で・・・。 お仕事は何をしているんですか?

 

会計事務所。あ、でも税理士じゃないですよ、私。

 

―――会計事務所?!・・・ぜんぜん写真と結びつかないなぁ・・・。 もう長いんですか?

 

あーそうですよね。

よく分からないまま、何となく就職して・・・いつの間にか15年も経っちゃいました。

自分でもこんなにいるとは・・・思ってなかったような・・・。

 

―――写真もずっと前から撮っていたのですか?

 

そうですね、趣味程度では結構前からです。

みんなやると思うけど、旅行に行ってネガカラーで記念写真を撮る。

その写真がたまって、膨大な量になっていました。

と同時に「撮ること」が楽しくなってたんです。それからかな、写真を勉強したいと思ったのは。

 

―――それで、中村教室に?

 

それが、スゴイ偶然なんですが。

東京都写真美術館のワークショップに友達と参加したんです。

そうしたら同じグループに中村教室の卒業生がいたんですよ!!その人のお奨めで。

 

―――それは、また。スゴイ偶然!

 

そうなんですよ。

しかもその頃、森山大道さんの映画を観に行ったんです。

暗室で写真をプリントしてるシーンが多くて、印象的でした。ステキだなぁ・・・と思って。

さらに偶然なんですが、その映画館で森山大道さんのトークショーがあって。

もう、大・感動・・・しちゃいました。 ステキ~!!!・・・みたいな。

それでますます「写真」を勉強したい!とくにモノクロプリントをやってみたい!って思ったんですね。

 

―――それで、暗室技術を最初に受講したんですね!

確か、 OneDaySchool にも参加されましたよね?

 

はい。写真をプリントできる体験入学があるって聞いたから。面白かったですよ。

でもその頃、写真ブームで女の子ばっかりかなぁって思っていたら、男性も結構いてビックリしたのを覚えています。

 

―――入学後ですが、技術専攻のコースも、表現専攻のコースも、かなりいろいろ受講されていますよね。

何か目標とかがあったのですか?

 

まったくありません(笑)

友達ができたからかな。コレ受講してみよう、とか、今度はあっちとか。

みんなで今度これやってみようか~って。

でもライティングはどうしても受けたかったんです。 定員いっぱいで一度入れなかったけど・・・。

いまいち光の見方がわからなかったり、微妙な光の差っていうんでしょうか・・・それがわからなくて。

それは撮るときだけじゃなくって、鑑賞する時にも役に立つ!って思ったんです。

最終的にはゼミナール初級へ行こうと思っていました。

その間にいろんなコースを受講しましたが、楽しかったですよ。

 

―――そうだったんですね(笑)友達がいると勉強も楽しいですしね!

でもそこまで技術を身に付けて、カメラマンになろうと思ったことはなかったのですか?

また、最終到達点(?)の初級ゼミナールを受講してみて、どうでしたか?

 

カメラマンになろうと、なりたいなぁと思ったことはあります。

でも致命的にブツ撮りがキライで・・・なんだか息苦しくなっちゃうんですよ。ブツ撮やってると。

それで、やっぱだめかなって(笑)

初級ゼミは・・・人にコンスタントに自分の写真を見せる・・・新鮮でした。

コレだ!って思いましたね。

 

―――それは確かにキツイかも(笑)じゃあこれからは、発表をめざして?

 

・・・うーん。

実はそういうことは考えてないんです。

私はただ「写真を撮っていたい」。ずーっと。おばあちゃんになっても。

日記をつけるように・・・まさに「一生日録」ですね。

写真は生活の一部なんです。切り離せない。

会社で昼休みに撮ったり、休みの日はちょっと時間があると近所を撮りに行ったり・・・。

まぁ、それとデジタルに移行して処理がラクになった分、いつも身軽にたくさん撮れるんですけどね。

 

―――それでも、カラーデータをモノクロに変換してるんですね。やっぱりモノクロが好きなんだ。

それでは最後に石黒さんの今後の目標はなんですか?

 

「結婚」、です!!

結婚して、写真をずーっと撮り続ける。 それが私の目標です。

 

―――結婚!ですか!それは意外な答えでした(笑)。

それにしても、本当に写真が好きなんですね。ちょっと感動しちゃいました。 がんばってくださいね!

 

はい。ありがとうございました!

 

 

聞き手:木下マリ子

 

Copyright © NAKAMURA PHOTOGRAPHIC ACADEMY